ライフプランセミナーやマネーセミナーはなぜ無料なの?

ライフプランセミナーはなぜ無料なの?

各地でライフプランセミナーが無料開催されていますので、自分のライフプランを作成する前に、知識取得のために参加するのもいいと思います。ところで、なぜセミナーは無料で開催できるのでしょうか?この点を掘り下げて解説してみました。

 

ライフプランの相談についての記事はこちらをご覧ください。
ファイナンシャルプランナーへの相談は何ができるの?

 

東京や名古屋、大阪などの都市で様々なライフプランセミナーやマネーセミナーが開催されていますが、「なぜ無料で開催しているのか、開催できるのか」について考えてみたいと思います。

 

ライフプランセミナーに限らず、どんなセミナーも無料が多いので考え方は同じですが・・・。

 

すでにご承知かとは思いますが、有料であれ無料であれセミナーは「人を集める」のが目的です。
つまり「集客」になりますが、これはマーケティングに沿った手法です。

 

無料セミナーはマーケティングにそった考え方

ところで、「フロントエンド商品やバックエンド商品という言葉を聞いたことはありますか?」

 

マーケティングの世界では古くからある考え方なのですが、集客に携わったことのない方はご存知ないかと思いますので、ご紹介します。

 

フロントエンド商品やバックエンド商品とは

商品を購入していただくにあたり、いきなり商品をお勧めしたのでは、購入にいたならいことのほうがが多くなります。

 

いきなり勧められたのでは相手はどんな会社なのか、どんな人なのか、どのような商品なのかわからず防衛反応が働くために購入までのバーが高いからです。

 

そこで、そのバーを越えられるように、階段をつけて越しやすくしてあげることが必要になります。この階段の役目がフロントエンド商品になります。

 

たとえば、化粧品や健康食品では、無料サンプルやお試し価格での販売、英会話教室や学習塾であれば、無料体験レッスン、無料見学会、あるいは無料英会話DVDプレゼントなどです。

 

これらが「ほしい」と希望した方は、「わたしはその商品に興味のあると手を挙げた方」になります。
この興味のある方にこれらとともに会社案内や経営方針、商品の詳細などをパンフレットで案内し、閉ざされた心をほぐす役割をもたらすのが、集客を目的としたフロントエンド商品になります。

 

これが第1段階です。これで、どんな会社なのか、どんな商品なのかがわかるようになり、ひとつ階段を上がった状態になります。

 

次に第2段階として、「商品はいかかがでしたか?」と、メールや電話等で詳しく案内をし、バックエンドである本命の利幅のある商品購入、あるいは定期購入へと結びつけていきます。

 

このように、第1段、第2段というステップを踏んで商品販売へと進めるので「ツーステップマーケティング」ともいわれています。

 

インターネットでのマーケティング

インターネットでのフロントエンド商品においては、ホームページ上に、PDF化した資料の無料ダウンロードやライフプラン作成のためのエクセルソフト等の無料ダウンロードがあります。これらをメールアドレスの登録と引き換えに無料で配布します。

 

その後、登録していただいたメール宛に、ステップメールやメルマガ等でライフプランセミナーやバックエンド商品の案内をして購入へと結び付けていきます。

 

ステップメールとは、あらかじめ1日目、3日目、5日目などに送信する文章を作成しておき、自動で送信できるメールシステムをいいます。

 

ステップメールは、いつ何時にでも登録された方には、自動メールで返信し、その後は、登録日から毎日とか、何日おきとか、指定したとおりに自動でメール送信をしてくれるので、発信者はパソコンの前にはりついている必要がありません。また、商品購入者のアフターフォローにも使うことができますのでとても便利なシステムです。

 

インターネットにおいては、このようにフロントエンド商品やシステムを使ってマーケティングをしています。

 

無料ライフプランセミナーもツーステップ

無料ライフプランセミナーも同様に、広告やホームページの告知から「ライフプランの知識をさずけます」とのふれこみでライフプランやお金の教養に興味のある方を集客します。これがフロントエンド商品になります。

 

そして、セミナー後に、無料個別相談を開催します。また、アンケートに「無料個別相談希望という欄」を設けて、相談希望者については後日案内する場合もあります。

 

無料個別相談時に、保険の見直し、生命保険商品や個人年金、あるいは投資信託など興味のる方に提案をします。これが本命のバックエンド商品になります。

 

結果的に契約をいただければ保険会社や証券会社から手数料がバックされますから無料セミナーは成り立つのです。

 

もちろん、こういった手法を否定しているわけではありません。

 

ライフプランセミナーに参加すれば知識は増えるはずですから参加してみるべきといえますが、中には役に立たない高額なシステムや商品を上手に宣伝し、購入へと結び付けるセミナーもありますので注意すべきです。

無料ライフプランセミナーが開催されるまでの流れ

セミナーに参加する立場としては、参加して話を聞くだけですが、反対側、つまり主催者側に回ってみることで、状況把握ができ知識が深まりますので、その流れを見てみましょう。

 

おおまかには以下のような流れになります。

 

①無料ライフプランセミナーの開催にあたり、日時や開催場所の決定とプレゼンターの確保をします。

 

②次にどういったセミナータイトルにするのかを決めます。タイトルによって客層や参加人数まで影響がありますので、慎重にタイトルを決めます。

 

③ ①、②が決まったら、告知をします。ホームページ、メルマガ読者、ソーシャルメディア広告、新聞広告など。

 

④タイトルにそったセミナーの内容を考え、プロジェクターを使う場合にはパワーポイントで作成します。参加者が知っていることばかりでは、その後の個別相談に影響が出ますので、役立つ情報を提供して、プレゼンターの権威や信頼をアップさせるような内容を盛り込みます。

 

⑤参加者へ配布する資料とアンケートを印刷して多めに準備します。

 

⑥当日は、早めに会場へ行き、プロジェクターやパソコンの準備と動作の確認、マイクのテスト、各参加者のテーブルへの資料配布等をします。

 

⑦セミナー開始~終了

 

⑧アンケートの回収

 

⑨希望者への個別相談

 

⑩ライフプランの提案から保険の見直し→保険商品の提案と契約という流れで利益を確保。

 

このような流れになります。

まとめ

ライフプランセミナーやマネーセミナーは、ほとんどが無料開催で行われています。

 

その理由としては、マーケティング手法であるフロントエンド商品とバックエンド商品という手法を使っているからです。

 

フロントエンド商品とは、化粧品でいえば無料サンプルになります。バックエンド商品とは、販売したい本命商品そのものになります。

 

興味のある人にフロントエンド商品を実際に使ってもらい、気に入ればバックエンド商品として本品を購入してもらう流れになります。

 

ライフプランセミナーにおいては、無料セミナーが集客のためのフロントエンド商品になります。そしてさらに、セミナー参加者の中から個別相談希望者を集め、バックエンド商品である保険や投資信託などの商品の提案、購入へと結び付けます。

 

こういった流れで、利益の確保ができるので、無料でライフプランセミナーが開催できるのです。

 

以上、「ライフプランセミナーやマネーセミナーはなぜ無料なの?」についてでした。

 

次のページは
必ず知っておきたいライフプランと生命保険の関係