ライフプラン

ライフプラン記事一覧

ライフプラン(人生設計)とは、これから訪れる将来を予想し、どのようなイベントがあり、そして、自身どのような人生を歩んでいきたいのか綿密に中・長期に渡って立てる計画のことをいいます。子どもに大学にいってもらいたい海外留学をしてほしいマイホームを持ちたい独立して事業をおこしたい老後は田舎に住み、農業をしながら暮らしたいこのような夢やかなえたい希望をイメージして金銭面も含めて計画を立てるのがライフプラン...

このページでは、オンラインでライフプランシミュレーションができるサイトや無料のエクセルソフトをご紹介しています。気に入ったサイトや使いやすいエクセルソフトで収入や支出を変化させてみて、どのようなキャッシュフローになるのか確認してみることをお勧めします。「ライフプラン相談」についてはこちらの記事をご覧ください。

一般的なライフプラン相談では、家族環境や収入、資産などについてヒアリングを行い、ライフプラン・シミュレーションを行って、キャッシュフローの流れをみます。その結果が、在職中はもちろん、老後においてもどこかのタイミングで資産がマイナスになるようでしたら、住宅ローンや生命保険、使途不明金など個々に分析して改善できるようにアドバイスを行います。このようにしてライフプラン相談を進めるのが一般的です。この場合...

ライフプラン・アドバイザー資格に調べてみました。主にライフプランアドバイザー協会や生協LPA(ライフプラン・アドバイザー)がありましたので、これらの団体についての概要とファイナンシャルプランナー(AFPやCFP)とFP技能士(国家資格)についての違いについて解説しています。

幼稚園から大学までの教育費はかなりの費用がかかります。そのためライフプラン作成にはかかせない項目が教育費です。では、まず幼稚園ではどのくらいにの費用がかかるのか、そして、保護者に対しての補助金である就園奨励費について解説しています。

大学の授業が1年間ならいいのですが、4年間あります。親からするとこの4年間は、毎年100万円単位のお金が家計から出ていくのですからかなり長く感じます。それでは、実際に大学の学費はいくらかかっているのでしょうか。

親子間では、必要とされる都度の教育資金は贈与しても非課税です。それを祖父や祖母からの一括贈与でも非課税とする制度が創設されました。富裕層向けの制度といってもいいでしょう。これを「教育資金の一括贈与の非課税措置」といいます。この措置は恒久的なものではなく、平成 25年 4月1日から平成 31年3月31日までの措置ですから注意が必要です。では、この制度は、いくらまでなら非課税となるのか、どうすれば利用...

各地でライフプランセミナーが無料開催されていますので、自分のライフプランを作成する前に、知識取得のために参加するのもいいと思います。ところで、なぜセミナーは無料で開催できるのでしょうか?この点を掘り下げて解説してみました。ライフプランの相談についての記事はこちらをご覧ください。ファイナンシャルプランナーへの相談は何ができるの?

ライフプラン設計をすると、同時にお金の収支も関係してくるので、ファイナンシャルプランニングも作成することになります。ファイナンシャルプランニングにより長生きした場合と、短命で終わってしまった場合もあわせてみることができます。もしも短命で終わってしまった場合に遺族に対してのお金の面でのリスク回避ができるようにしておくのが生命保険です。そこで、このページでは、ライフプランと生命保険についての関係を取り...

ライフプランニングとは、身近な言葉にすると、人生設計、あるいは人生計画、将来設計となります。このページでは、ライフプランニングの目的や効果について考えてみましたのでご覧ください。

ライフプランを行う上で、切っても切れない関係にあるのが住まいです。住まいは賃貸か持ち家のどちらかになりますが、賃貸の方の多くは「マイホーム取得」という希望をライフプランに書き入れます。そしてマイホーム取得といえば、ご存知のとおり、ほとんどの方は金融機関から住宅ローンの借入れを行います。でも、住宅ローンについてははじめてのことなので、変動金利や固定金利選択型、あるいは長期固定金利などについて、なにが...

「ファイナンシャルプランナーとは」どのようなことをしてくれる人なのでしょうか。ファイナンシャルプランナーは、金融、住宅ローン、保険、教育資金、税制、不動産、年金制度などの幅広い知識を持ち、相談者の目標がかなうようサポートする役割を持った家計の専門家をいいます。その裏付けとして、FP技能士の試験に合格しています。しかしながら、相談にあたっての注意点としては、資格があるからといっても、誰もが保険や住宅...

「生命保険に契約はしているものの、内容がよくわかならい、おぼえていない」との声は、ネットや紙面でもよく目にします。加入時には内容の説明を受けているはずですが、なぜこのような声が多いのでしょうか?次のようなことが考えられます。保険金請求をすることはほとんどないため基本契約にたくさんの特約が付いているため内容が複雑保険金の請求といえば、入院や手術、身体障害、死亡等になりますが、どれにしてもやたらとある...